BOØWYコピーバンド"RINX"日記

BOØWY COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

LONGER THEN FOREVER



BOOWYがBOOWYだったように俺たちもRINXでいたい…

来年もまたRINXがBOOWYのコピーでライブする…

これがスタイル…

追求し探求し研究し模索する…

決して新しい音楽ではないが半端じゃない存在感…

解散したけど俺たちの心に生きている…

上手いも下手も関係ない…

BOOWYが好きだと言う気持ちでバンドが続く…

何かの引力みたいに俺たちを引っ張り続ける…

来年もまたRINXを応援してください…

そしてBOOWYに触れてください…

あの日から俺たちは変わらない…

2008年…RINX
記事編集

今年最後の練習でした!

今日は2008年最後の練習でした! 
久しぶりに昔やった曲をやったけど忘れてる…
まあ今後またライブがあれば練習してバッチリになるでしょう!

しかし狭い防音の部屋で大音量はハウリングがつきまといます…
やっぱグライコでしっかりハウリング対策をしないと耳が痛くて頭痛がして来ます
来年はちょっと設備投資して対策したいと思います

「練習合間のパチスロ?」
039.jpg

クリスマスライブも年越しライブもありませんが春になれば何処からか依頼が来るでしょう…
祭りバンドは所詮祭りバンドやね

昨日忘年会で飲み過ぎたんで早めに帰宅しました…
来年はまたBOOWY一色に染まります…

そうそう!同じBOOWYのコピーをしているMOOWYさんとリンクしました
みなさん覗いて下さいね。
記事編集

クリスマスです…

今日はクリスマスですね

若い頃はクリスマスライブをやってたんですが今は大人しくお家でケーキ食ってます
この時期になると1224を思い出します…
突然の解散、インパクト全開のpsychopath
そして最後のDREAMIN'…

当時伝説のロックバンドが解散したと聞いて俺らの目指すものが消えたかのような印象を受けた
確か18才だった…
その後就職して福岡市の方に行っていたが氷室が先行切ってANGELをリリースしたのを覚えている
当時はカセットテープでレンタルされていたが速攻借りて来て聞いた…
斬新で新鮮だったがやはりBOOWYではなかった
ギターは欠かさず弾いていたがANGELをコピーするには至らなかった…

時は経ち地元で再開したバンドもやはりBOOWYだった
解散したって目指すものは決まっていた、若かった俺達は毎日のように練習したものだ
近所に怒鳴り込まれたり、警察が来たり…(笑)

プレハブでやってたからね、しかも防音無しで夜中に(笑)
タチの悪い元ヤクザまで怒鳴り込んで来たよね (^^;

あれからこの時期はクリスマスよりBOOWYやライブを思い出す季節になった
今は1224を観たし知っている、映像がより印象深さを追加した感じだ

さて休みも長いしBOOWYに浸ってみようかな…
記事編集

バンドじゃないんですが…

私Mac2台で色々やってるんですが用途で使い分けてます

1台目 G4 Cube OS 9.22は写真加工やHP作成、外付けHDにデータ保存が主です
写真だけでも年間かなりの量になりますからね~
後は年賀状を作るくらいですか…

2台目 インテル i mac 20' OSX レパードはネットやメールが主ですね!
後はDVD観たり焼いたり音楽ソフトのガレージバンドで遊んだり
ライブ映像処理したりYouTubeにアップしたり…

会社ではWindowsなんでどちらでも行けるんですがやっぱmacの方が色々遊べます
取りあえずCubeは改造すればかなり面白いですが私はメモリーを1.5Gにしたくらいですかね~
それでもサクサク動くので快適です!

レパードもサクサクですがソフトが高い!
取りあえずwebをサーフィンするくらい…

録音はオーディオインターフェイスを通してガレージバンドで遊べるんですが
まだ打ち込む余裕がありません

そのうちBOOWYシリーズを打ち込んでギター被せて遊びたいですね。
記事編集

布袋さんの奥深い機材分析

なぜラックが布袋さんの横にあるのか?
理由はSDD-3000のフットスイッチ配線が短いから
最後のアウトはワイヤレスで飛ばせば良いもんね

私はフットスイッチの配線もMIDケーブルも5m使ってるけどたまに広い会場では短い場合があるんだよね~
別に3mも持ってるからジョイント作ろうかなぁ~…7m買ってもいいんだけど…

話しかわるけどCASE OF BOOWYのランナウェイトレインははやり見えない所に別機材あり?

TEJ-HT
  ↓
MUS-D
  ↓
SDD-3000
  ↓
HD-1000
     ↓
ステレオハーモニクスディレイ(ソロ後半でON)
      ↓            ↓
(0オクターブディレイなし)(+8~10オクターブデイレイあり)

こんな感じでやれば元の音を崩さず行ける!
私も使った事があるがLチャンネルから遅れたプラスまたはマイナスオクターブ音を出せる
これをon/offする事で成り立つのではないだろうか…

なんて事を考えてますが実際あのソロ弾けないんですが

とにかく隠された機材はありそうだなぁ~って思ってます。
記事編集

アナログテープのCD化

知り合いの釣具店から10年ほど流し続けているカセットテープのCD化を依頼されました
エンドレスタイプで流しっぱなし!しかも10年使ってるとの事でかなり劣化しているようです…(^^;

テープを見ると帯にかなりのキズ…そしてダビングでもかなりノイズが出てしまったとの事
長年の付き合いです、私が何とかしましょう!

先ずテープを再生するカセットデッキが要りますが古い機種だとモーターを回すゴムが
伸びて再生が遅くなっている場合が多いので
ちゃんとしたカセットデッキを探さなくてはなりません

あるかなぁ~?

最近はカセットデッキなんて特に無いんですよね~
でもあてはあるので探ってみます

■こんな感じで仕上がります■
カセットデッキ→USBオーディオインターフェイス→パソコン→編集ソフト加工(ノイズ取り&グライコ)→CD焼き

最近は3,980円で再生専用CDデッキがあるのでそれは購入してもらい
やっと劣化し難いお店の音楽が流れるようになります

プロに作詞作曲して貰ったお店専用の音楽のようなので
なんとかしてやりたいと思います!

もちろん無償ですよ!
でも完成したらロッド&リール安くしてね(^^;
記事編集

原点はMORAL?

高校生になり新しい仲間もできた
当時はバンドブームでもあったがまさかバンドを組むとは思ってもみなかった…

ある時、地元の友達から「バンドやらね~?」と誘われた
あまり興味はなかったけどベースをやる事になった
最初は中村あゆみ、チェッカーズをコピーしていたがチューニングさえまともに出来ない
ましてやコードなど覚えもしないお遊び程度だった…

そんな高校時代が2年経ち友達が1枚のレコードを持ってやってきた
今でも忘れないそれが"BOOWYのMORAL"だった…
西城秀樹?とか思いながらもNO NEW YORKにかなりの衝撃を覚えた!
一生懸命練習して何とかNO NEW YORKは演奏できるレベルになったがギターが挫折…

「ギターとベース変わらね~?」

まあギターもやりたかったのでOKしてそのままギターの虜に

社会人になると給料を機材に費やした
フェルナンデスのTEJ-70や当時20万近くしたYAMAHA FX-900+FC-900などを
15Wのアンプ2台からステレオで音出ししていた…

さらにマーシャルのスタックを買いS/Rを使いやはりステレオで出していた
思えばそこが発信元で今の原型かもしれない…

そしてメンバーはドラムだけ変わらずだがボーカルとベースが入れ替わっただけ
あの当時は音が違うとかリズムが違うとか色々喧嘩したよなぁ~(笑)
それでもバンドはやめなかった、それ以上にBOOWYに近づきたかったのだろうか?

今ではそれらしい音も出せるようになり腕もまあまあになりライブでも恥ずかしくないくらいに成長した
RINXが誕生して10数年になるけどバンドやりだして20数年も経つ…

追求はそこから始まり終わりなき研究へと変貌したが目指す音楽はやっぱりBOOWY
何が起ころうと多分変わらない…

数え切れない機材の入れ替え、数え切れないギターの入れ替え…
買っては売り買っては売り…
どれだけのお金を使ったか分からないが若さゆえできた事!

今は家族と趣味と上手に付き合いながら人生を遊んでいる
楽しい事はとことんやるのが私の趣旨!もっともっと人生を薔薇色にしたいです。
記事編集

飽きない…

ライブも終わり今年の練習も残すところ後2回のみ 
来年はライブ何回できるかな?

10年以上もBOOWYばかりやってるけど飽きないねぇ 
やっぱスゲーカッコいいから今でもリスペクトしている

038.jpg

俺らは別に目標は無いんだけどRINXは趣味の世界にある…
何も変わらない、何も飾らないスタイルがRINXだったりする
未だに車内にはBOOWYが流れているほど、一種の宗教みたいにBOOWYを崇めているのだ(笑)
でも決してマネしている訳ではなく物真似でもない、好きな音楽を演奏しているだけなんだ

何処かでRINXを観た人はほとんど褒めてくれる
BOOWY世代だけではなく何かBOOWYの音楽が時代を超えて誰にでも受け入れられている気がする
やっぱ伝説のバンドだけあるな。

いつまでもBOOWY、これからもBOOWY、そう…飽きない音楽なんだよね。