BOØWYコピーバンド"RINX"日記

BOØWY COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2010/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

記事編集

練習だぜ、ナッハ!

さて、気合いの練習です

今日はマネージャも参加で寂しく無いですね!

例の接続順を変更して音を合わせたがイマイチ…

取り合えず接続順は変更してEQは元の抜けの良い音に戻し…

なんとなく良くなった?

それから耳コピ

134.jpg

そして練習した音を昭和いっぱいの機材で録音

135.jpg

帰ってパソコンに取り込み編集…メンドクサイので切って貼って

練習音源

取り合えず↑これがリバーブだけ加えた音…良いんじゃない?

ノイジーなテープの感じといい、微妙に伸びたテープ…

綺麗に録音したいです…
記事編集

固定概念を捨てる?

ギターを持ち帰り家のサブGP-100でやってみたい事を実施

今まで試行錯誤で作り上げた音でしたが

固定概念を切り捨て1986のセッティングを見直ししてみました

●今までのセッティング

COM→OD→EQ→HZ→CHO→DD→REV


●見直しのセッティング

COM→OD→EQ→DD→HZ→CHO→REV

(HZ+CHOでHD-100の代わり)

DDは364ms→188msに変更
※この後FX-900で364msをかけるので広がりを求めた

そしてグローバルHI±0→HI-5dB LOW+5dB→LOW+10dB

HZ(ハーモナイザー)の+12:MIX30をグローバルHI-5dBで下げ!(HIが強くなるので)

EQはLOW 4.00KHZ→160KHZを+10dB HI 2.50KHZを+10dB→+5dB

さてこれをアンプからキャビに出力してどうなるのか?

とりあえずJUST A HERO 1986 CD SOUNDに合わせると

なんとなく良い感じ!…

しかしこれが小屋で音出しすると違ったりするんだよなぁ~
記事編集

下手を超える勢い…

ボーカル"みねじ"は三重に出向してしまった…
しかし我々楽器隊は強化を実施!負けてなるものか~

…ダメ、腕が鈍ってる…

2ヶ月練習しなかった私達の演奏はボロボロ…

ダメじゃないか!こんな事じゃミネジが帰って来ても
ライブ1つできやしない…

強化だ!強化だ!強化だ!!!!!飛雄馬…

とにかくガンガン通して録音してみる…



昭和の匂い漂うコンポにアナログテープを突っ込み

モノラル入力でマイクから録音を試みる…

あっははは…当然の音質

しかもミスだらけ…

俺はパソコンのオーディオインターフェイスを使いアナログな音を

パソコンに取り込みグライコをイジイジして

それなりに聞けるようにしたのだった…

聴いてくれ「to the highway」もちろん加工バリバリだ(笑)

記事編集

うん、良いかも!

今日はバンド小屋でDVDとセッションしてきました!

試しにOVD-1を薄っすら掛けっぱなしでクリーンを作ってみましたが

なぜか濁るし前に出なくなった…

何か違うとも感じた、やはり今のセッティングに落ち着いた方が良さそうだ
(戻し)

多分ピックアップ特性とマーシャルパワーアンプ&キャビがチョッと歪みを
含む要素があるのだろう…

煌びやかさはあまり無いけどそれなりにセッションはできた

この音がPAからそのままでればいい音なはずなんだけど…

PAだけはアタリ、ハズレがありますからね~^^

おまけ…

ばっどふぃ~りんぐ mov
記事編集

奇跡を信じて魂の軌跡を打ちたい

エヴァンゲリオン~魂の軌跡~



詳細
SUPER BB
赤7/青7/黄7それぞれ
MAX415枚

チャンス&スイカナビで
チェリー・赤7・赤7 の14枚役を1回取得でMAX枚数獲得
 

NOMAL BB
橙7・黄7・青7)
MAX259枚

チャンス&スイカナビで
チェリー・赤7・赤7 の14枚役を1回取得でMAX枚数獲得

 
REG B
青7・青7・赤7
MAX104枚 これ嫌いだ^^

天井も以前と変わらず…
覚醒はカヲル覚醒モードとか!

あとはショートフリーズ演出50%と初号機が咆えると確定らしい…

さらに加わったネルフボタン…叩く機会が多いのか?
記事編集

いつからか…

懐かしいライブ写真が出てきました…
2001年の夏のライブですが若い(^^;



俺達がBOOWYを追いかけ出したのはまだBOOWYが現役だった頃

"MORAL"のNO NEW YORKがかなりお気に入りで

気合いでコピーしたもんだ…

そしてわがままジュリエットやB.BLUEでかなり火がついた

そして社会人まじかでBOOWY解散…

それでもギターは離さなかったね

1年間職人の腕を磨く仕事で地元を離れたが

バンドは再会した、やはり仲間と居ると落ち着くし職人も疲れたし(笑)

解散してしまったBOOWYをコピーするには根気が要ったよ

でもやってて良かった事が多いね!

そしてある程度上手くもなったし、ライブも出来るようになったし…

今があるのはBOOWYのお陰

そして何より続けられたギターとバンド…

人生でかけがいの無いものになった事は間違い無い

これからもずっとBOOWYのコピーバンドでやって行こうと思う。