BOØWYコピーバンド"RINX"日記

BOØWY COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

出音の違い

音作りに没頭している毎日ですがやはり納得の行かない音に挫折し掛けています…
どうすればあの音が出るのかDVDを観ながら研究は続きます
1986~1987時代はそれほど凝った機材ではないのでそれなりの機材さえあれば
同じような音は出るはずなのですが、何故か似せる事が難しいのです
やはりギターの鳴りやピックアップ、弦の種類、太さetc.が違いの要因であると思われます
しかも音響が入る事でさらにプロの音が出る訳ですから到底そこに辿り着く事は不可能です
しかしその不可能に挑戦している人がこの世の中にゴマンと居るのです
限りなく近い音を再現している方も居ますし…

もう限界に近い状態なのですがどうにかして近づく事ができないか?
試行錯誤している状態です
アンプの入れ替えが必要なのかもしれません…

エフェクターは入れ替えを試してはいるのですが…

以前から必要ないと判断した機材は売り払い必要な物を買い続けています
ちょっと前にMAXON HD 1501ハーモナイザーを売り捌き
最近ではMAXON GE-1500 グライコを売り払いました
布袋さんが使っていたドンズバですが買うには売るしか…(笑)

今度は買い物ですがエキサイターか高品質のディレイか迷っています
リバーブは最悪PAで掛けてもらえるので薄っすら低品質でも問題ないのですが
ディレイは前に出ないタイプが欲しいのですが昔の物はステレオインアウト仕様は少ないです
最近の物は余計な物が付き過ぎて高い…

その前にギターを買い替えたい今日この頃です。。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neorinx.blog82.fc2.com/tb.php/36-be2a1b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック