FC2ブログ

BOØWY"BOOWY"コピーバンド"RINX"日記

BOØWY(BOOWY) COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

フレット打ちかえフェンダーUSA


バンド仲間に頼まれたフレット交換です、見ると1~10フレットまで凸凹になってます

早々にフレットを注文しフレットを抜いていきます、今回フレット交換が初めての

ギターだったので細いマイナスドライバーでキズが付かないように浮かせてみました



改造している引き抜きペンチも1度も交換していないフレットは刃が入らず苦戦

今回はマイナスドライバーで浮かす作戦ですが幅広の特殊工具があった方が良いかもです

1285.jpg

で、フレットは「柾目ウッドメーカー」の№3を使います、ここは30㎝で¥260です

以前もこちらのフレットで交換しましたがやってみると案外簡単です

まあ最後の処理が大変なんですけどね、音が出ないとかビビるとか・・・

1284.jpg

マイナスドライバーで浮かして特殊ペンチで抜いていきますが少しづつ浮かせて行かないと

指板が剥がれてしまいます、多少は剥がれますが一気に抜くとかなり剥がれますので注意

1287.jpg

とりあえず10フレットまで抜き、清掃します、ついでに少し砥の粉を詰めておくのも良いです



フレットをカットしRを付けます、両端は少し多めに付けてください、嵌め合いはヤスリで

整え余分な部分は削り落とします、上部両端は45°~60°くらいで綺麗に処理します

1286.jpg

あとはフレットを打ち込みます、この際両端が浮いていると音がビビりますので注意

また綺麗に隙間なく打ち込む事が重要です、慣れるとRの強さが解って来ます

1288.jpg

最後は摺合せです、弦が鳴らない、後ろのフレットと干渉している場合は細かいペーパーで

当たっている部分を削ります、弦を張って音を出さないと解りませんからね、細かい作業です

全てのビビりが取れました、すんなりチョーキングもできますし音鳴りも大丈夫でした

バンド仲間にお返しして、お礼にビールを頂きました、私で良ければ少額で交換しますよ




にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neorinx.blog82.fc2.com/tb.php/543-5c23cb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック