BOØWYコピーバンド"RINX"日記

BOØWY COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

真実は…

色んなBOOWYのDVや動画を観て音の変化に注目してみた 

MUS-Dですべてプログラミングされていたのでは?と…
動画を観ているとBAD FEELINGでBメロに切り替える際MUS-Dのボードを踏んでいる
同時にロングディレイが入る…と、言う事はMUS-Dに接続?
SDDが納められているラックがプログラミングボードの近くにあるのは配線をMUS-Dに接続しているから?
などと考えましたが動画にチラッと映る配線を見る限り世の中で言われている接続が正しいようです


どちらにせよ私がドンズバ機材を使っている訳でもなければ詳しい訳でもないのであくまでも私感です

ちなみにBAD FEELINGに歪み系エフェクトがバイパスされていたと考えた私でしたが
hiroshiさんのところで疑問が解けた感じです 
やはりどの年代にも歪み系が入っているようです
ただしハムバッキングだと割れる(歪む)現象があるようにいつも掛かっている歪みは
ブーストもしくはピックアップによる「歪み」なのかなぁ~と思ったりもしたんですよね…

今考えればプロが割れるほどブーストしないちゅ~の 

突飛も無い事ばかり記事にしている私ですが私の見方は偏見でした…

風邪引いて熱あるんでアホな事書いてみました。
コメント
この記事へのコメント
ブースト
YOUさん
こんにちは、かんじです。
スイマセン、あまりにもスルドいご指摘をされてるので、ついお邪魔しちゃいます(汗)
ワタシもこの時期のBAD~サウンドが気になりまして、某オクやらレンタルやらで何とか当時のドンズバ機材揃えて検証してみたんですが、まさにYOUさんのご指摘と同じ見解を持ちました。
と言いますのも、布袋サンがこの時期チューナー切替用に使用していたラインセレクタがかなりの曲者で、OUTPUTレベル調整とクセのあるバッファを持ったラインセレクタなんです。
まずこのOUTレベル、ツマミを真ん中5の位置に設定しても、原音より若干音量が上がるんです。(いわゆるブースト効果ですね)この状態で、OUTレベル5~6程に設定されたCMP-1(コンプ)に突っ込むと、若干キャパ超えなサウンドに…。
更にクセのあるバッファーが音色を変え、それらしい音になるんです。
現に、その後チューナー切替用セレクターがDODの物に変更されてからは、アノ独自の「歪み感」は無くなった気がします。
そんな実験から、ワタシは当時のBAD~リフなどのいわゆる「クリーン音」は、このラインセレクタとコンプレッサーの相乗効果によって造られた音と考えてまーす。
まぁ、あくまでもワタシの独断と偏見なのですが…(^-^;
長々とスイマセン、失礼します~
2008/11/10(月) 00:23 | URL | かんじ #IY7bLZJE[ 編集]
疑うべきか?
かんじさん、こんばんは!
以前F.G.IをYAMAHAに移植して再度買い直ししてTEJに搭載したところ
ゲインが増してました、多分後期型のF.G.Iだったのでしょう…
これにBOSS:CS-3を接続JC120から音を出した時
軽く歪んだBAD FEELING音が再現できたんです!
EMG-SAは多分ゲインが上がるはず…
その事からもしかしたらと疑いを持っています
この頃の組み合わせは歪み2種で1と1と1+1となります
聞いているとこの3種類の音が出て来ますがBAD FEELING音だけはコーラスを抜いたクリーンのバッキングではないかと考えた訳です
ハッキリとは解りませんがSDD-3000もプログラムされていないと踏み替えが2度になる
曲があります、この事からプログラム数限界の6か8を作り込んでいたのでは?と考えています。
2008/11/10(月) 00:48 | URL | YOU #22hNL7Yc[ 編集]
EMG-SA
YOUさん、こんにちは^^

ちょっと気になったことがあるものでお邪魔しま~っすw

> EMG-SAは多分ゲインが上がるはず…
残念ながら逆ですよ(^^;
2008/11/15(土) 12:16 | URL | hiroshi1986 #HIXyPW7U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neorinx.blog82.fc2.com/tb.php/59-6f9a364c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック