BOØWYコピーバンド"RINX"日記

BOØWY COPY BAND "RINX"の練習風景やライブの情報 音作りの苦労話や機材の設定などを日記形式で紹介します

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

CASE OF BOOWYの機材セッティングは?

CASE OF BOOWY 使用機材からセッティングを解析してみた


TE-HT

MUS-D
 ●PEARL OC-07(オクトーバー)
 ●KORG OVD-1(オーバードライブ)
 ●KORG OVD-1(オーバードライブ)
 ●PROCO RAT1(ディストーション)
 ●KORG CMP-1(コンプレッサー)
 ●MAXON NG-01(ノイズゲート)

KORG SDD-3000(デジタルディレイ)

KORG SDD-3000(デジタルディレイ)

MAXON HD-1000(ハーモナイザー)

YAMAHA SPX-90
↓     ↓
MAXON GE-1500
↓     ↓
JC160  JC-160

これは一般的に言われているセッティングだが
ソロの時にMUS-Dのフットスイッチを踏むとロングディレイが入る
これはプログラムされていないと不可能である
もしくはソロ前にロングディレイをONにしてさらにMUS-Dのフットスイッチを踏んでいる事になる
でもソロが終わりメロに入る時はディレイを切って切り替えなければならない
あれ踏んでこれ踏んで…は非常に難しい操作だ、できれば簡単に切り替わる方法を選ぶ筈
MUS-DにON状態でプログラムすれば一発切り替えが可能であるが6系統しか入力できないMUS-Dでは
コンパクト6ヶあるので入力がない…
動画を見ても写真を見ても配線はコンパクト6ヶを入力している

どんな技を駆使していたのだろうか?
BLUE VACATIONの最初のソロからAメロに入る時もSPX-90+RATの音がMUS-Dのフットスイッチを踏む事で
SPX-90無し+クリーンな音に変わる…一発では出来ない技なのだが…
なぞが深まる検証結果でした、やはり天才布袋の裏技がどこかに隠されているのだろう…
コメント
この記事へのコメント
いきなりこんにちわ。布袋ファンの
ものです。昔布袋さんはラインセレクターを使っていた事がありましたよ。その辺りに謎が隠されているのかもしれませんね。あらかじま空関系とクリアとかはセレクターにつながっているのでは?2系統あるし、そうすれば何をあらかじめONにしてもセレクターを踏まない限り通常の音が出ているので・・・OVD1が2個というのが怪しいとボクは見ています。という訳で突然失礼しました!

2013/03/09(土) 15:52 | URL | ミッチェル #-[ 編集]
どうでしょう?
ミッチェルさん、お初です^^
DVDを見ててもラインセレクターではなく
MUS-Dのバンク1か2を踏んでるんですよね~
なのでディレイを踏んでバンクを踏んでると思います
ある方は両足で踏んでいる映像を発見してました
やはり踏んで踏んでが正しそうです

ラインセレクターは知る限りチューナーとの切り替え用でした
なので音を変えるのには使っていなかったと推測しています
2013/03/10(日) 19:12 | URL | YOU #22hNL7Yc[ 編集]
なるほど・・・映像ありですか~
両方踏むというのもすごいですね。
コンパクトが6個あるという事は
本当にディレイはどうなっているんでしょうね。いや~布袋さんは本当に謎が多いですね。だから面白いの
かもですね。。。
2013/03/13(水) 16:25 | URL | ミッチェル #-[ 編集]
足元にディレイのON/OFFスイッチと切り替えスイッチが
あるのでMUS-Dでは操作していないと思います
しかしあの切り替えはバンクを切り替えてディレイをOFFしないとできない音です
やはり早業か両足説が有望ですが映像を観る限り
両足では無いんです
多分先行でディレイをOFFってバンクを切り替えてる?
が有望ですね
2013/03/14(木) 07:47 | URL | YOU #22hNL7Yc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neorinx.blog82.fc2.com/tb.php/67-e3b823b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2017/01/04(水) 16:32:45 |